国際事業化研究センターとは

山形大学6学部を横断的に支援するセンターであり、学部間の共同研究・連携強化を推進し、山形大学ならではのイノベーション創出に向けた活動を実施する。
(2009年10月1日、「地域共同研究センター」と「ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー」を統合し「山形大学 国際事業化研究センター」を設立。)

ミッション

山形大学が持つシーズを基に「知」の創造による新産業の創生と既存産業の価値向上に向けた支援活動を実施し、山形大学を核とした世界に注目される地域づくりに貢献する。

ビジョン

技術シーズ、課題解決ソリューションを活用した世界に発信できるイノベーション創出を継続的に行い、産学官金で連携した地域に根付いたエコシステムの構築を目指す。

事業内容

技術シーズの発掘・育成、及び事業化の推進

・魅力的な技術シーズ、社会課題解決のためのソリューションを発掘し、研究育成に必要な多方面の支援を実施。

・技術シーズ、課題解決ソリューションの社会実装を目指し、大学発ベンチャー創出や企業への技術移転等の事業化支援を実施。

経営研究と地域の人材育成と活用

・次世代の産業革命の到来、多様化する時代に新たな価値を生み出す経営研究とシニアインストラクターの人材育成を実施。

・地域中小企業にものづくりシニアインストラクターを派遣、経営・現場改善指導による収益体質改善を実施し、地域企業の価値向上を図る。

お気軽にお問い合わせください。0238-26-3480受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら