Home > センター紹介 > ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶

今野 千保

山形大学国際事業化
研究センター長

今野 千保

山形大学 国際事業化研究センターは、山形大学が生み出す新たな「知」を社会に継続的に還元することを使命として、地域共同研究センターとベンチャー・ビジネス・ラボラトリーという2つの組織を統合して平成21年に発足した組織です。「既存産業の価値向上」と「新産業の創成」を目標として掲げ、顧客である地域産業界と山形大学を結び付ける
役割を担っています。

山形県には高い技術力・ノウハウを保有している多くの企業があります。また、山形大学も多くの魅力的な研究シーズを育てています。今後、クラウドコンピューティングの普及、グローバル化の更なる進展、労働人口の減少・高齢化などが同時進行で起こり、社会やビジネスを取り巻く環境に多大な変化をもたらすと予想されていますが、変化する時こそがチャンス! 顧客視点で現場を見直し、既存の高い技術力・ノウハウや研究開発力をベースに自ら変化を起こして、既存顧客や潜在顧客に新しい価値を提供し続けることが今後の地域の持続的成長につながると信じます。

そして、いつの時代も、新しい価値創造やイノベーション創出の担い手はヒトです。
国際事業化研究センターは、メンバーの異なるバックグラウンドを生かして、地域資源である様々な分野の「人財」育成や、「技術」革新・「経営」革新をご支援しています。
また、ビジネスデザイン力を強化し、山形県の特長である産・金・官・学の強いネットワークを活用して、社会の発展と人々のシアワセに結び付く新しい価値やイノベーションの創出と実用化を実現し、地域や社会に貢献してまいります。

身近で頼りになる機関を目指しておりますので、今後共、ご支援、ご協力をよろしくお願いします。

副センター長紹介

小野 浩幸

副センター長

小野 浩幸

平成7年に県職員として45億円の産学共同プロジェクトに関与。
平成11年に全国初の自治体と大学の人事交流により山形大学工学部助手。
VBL最初の専任教員として設立に携わる。
平成12年 在外研究員(米スタンフォード大)
平成13年 山形大学地域共同研究センター助教授
平成17年 山形大学教授 地域共同研究センター副センター長
平成20年 地域共同研究センター長
平成21年 山形大学国政事業化研究センター副センター長
工学部米沢街中サテライトキャンパス長
17年間一貫して産学連携プロジェクトのマネジメント、科学技術・産業振興政策を専門として活動。


ホームへ戻る